タブレット並の5000mAhバッテリー搭載のZenFone Maxが今春日本上陸か? ASUSがティザー画像を公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPAN(以下、ASUS)は19日、公式Facebookページにおいて、今春日本市場に投入予定と考えられる新製品のティザー画像を公開した。


画像に記載された「来たる春 長旅お供 相棒よ」から想像できるのは、長旅でも耐えられる長時間駆動が可能な端末であること。そして何より、写った端末の画像は「ASUS ZenFone Max」に見える。

そのため、「ASUS ZenFone Zoom」の次に日本市場に投入されるZenFoneシリーズはZenFone Maxだと予想される。



グローバルモデルの仕様を確認すると、カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。

OSはAndroid 5.0で、プロセッサはQualcomm MSM8916クアッドコア1.2GHz、メモリは2GB RMA、16GB ROM、外部メモリとして搭載されるmicroSDカードスロットは最大64GBのカードまで対応、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、モバイルネットワークは3G/4G対応だが、対応周波数は製品ページを確認してほしい。ディスプレイは約5.5インチサイズで解像度は1280×720ドット、本体サイズは約77.5×156×10.55〜 mm、重さは約202g、そしてバッテリー容量は5,000mAhだ。

5,000mAhといえば、もはやタブレットクラスの容量だ。連続通話時間は37.63時間、連続でのウェブブラウジング(Wi-Fi時)は32.5時間、連続での動画再生時間は22.6時間、連続待受時間は914時間とされる。ただその分やはり重く、200gを超えている。

カメラはメイン側が約1300万画素、フロント側が約500万画素。

いつ発表されるのか? いつ発売されるのか? といったことはまだ明らかにされていない。

【情報元、参考リンク】
ASUS Japan Facebookページ
ASUS/ZenFone Max製品ページ
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑