ヤマトがLINE活用。LINEのトークで不在連絡メッセ受信や再配達依頼も可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤマト運輸は15日、LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」との連携サービスを19日より提供開始すると発表した。ユーザーにとっては、これまで公式アプリや公式サイトで利用してきたサービスがLINEからも可能になる、ということで、利用手段の幅が広がることになる。

LINEでの画面例

さらに、LINEならではの便利さも得られるので、普段からネット通販や「ヤフオク!」、フリーマーケットアプリなどをよく利用している方には特に利便性向上になるかもしれない。

まず、ヤマト運輸はLINE公式アカウントを開設する。クロネコメンバーズのクロネコIDとLINEが連携し、公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」が配信される。

普段利用しているLINEのトークでこれらのメッセージを受けられるので、普段からLINEを利用している方には便利だろう。さらに、これらのメッセージからお届け日時や場所の変更手続きも行えるようになっているので、本当に公式アプリ要らずの状況になるかもしれない。

荷物の問い合わせや集荷・再配達の依頼、料金・お届け日の検索もLINEからできるので、まさにそうなる可能性がある。もちろん、公式アプリや公式サイトの方が専用設計されているため、頻繁に使う場合には使い易い気もするが、LINEアプリだけでできてしまうのもいいし、どちらが便利かは比べてみてから判断したい。

なお、メッセージをトークで受け取るためにはヤマト運輸のLINE公式アカウントの「友だち」になっておく必要があり、さらにはLINEとクロネコメンバーズのクロネコIDを連携する必要もある。この辺りは下記リンク先のページで確認しておいてほしい。
これからは、LINEで宅急便!

この連携サービスの提供開始日時は19日のお昼頃の予定となっている。

また、クロネコをモチーフにしたLINEスタンプも用意されている。このスタンプはヤマト運輸のLINE公式アカウントを「友だち」追加し、最初のメッセージに記載されたURLへアクセスすることで入手できる。

スタンプ画像

なお、LINEのアプリは下記リンク先よりダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
ヤマト運輸/プレスリリース
ヤマト運輸/これからは、LINEで宅急便!
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑