ソフトバンクがペット保険を提供開始。犬と猫が対象。ワイモバイルの一部機種のユーザーも対象

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは21日、ペット保険のシェアNo.1のアニコム損害保険と提携し、愛犬や愛猫が病気や怪我をして動物病院で診察を受けた際に、診療費の一部を補償する「ソフトバンクペット保険」をソフトバンクの携帯電話ユーザーに提供開始した。


まず第一の加入条件はソフトバンク指定の機種のユーザーであることだが、「SoftBank」だけでなく「Y!mobile(ワイモバイル)」の一部機種でも利用できる。SoftBankの指定機種というのも限られたものではなく、スマートフォン、タブレット、iPhone/iPad、AQUOSケータイと幅広くサポートしている。

条件は他にもあり、国内在住の20歳以上の方であること、対象となるペットが犬か猫であること、加入時にペットの年齢が7歳11ヶ月までであること(継続は原則として終身可能だが、加入時の年齢制限がある)、そしてペットは原則として健康体であること、となっている。

提供される内容はプランによって異なる。通院・入院・手術をした際に、保険の対象となる診療費の70%が補償される「70%プラン」と50%の「50%プラン」の2種類がある。

支払限度額は下の図の通り。

*クリックして拡大

保険料は品種・年齢などによって変わるということだが、例としてトイプードルの場合、1歳だと70%プランは年額36,150円、2歳だと37,840円、50%プランだと順に27,050円と28,260円となっている。

携帯電話向けの各種サービスの場合は月額数百円というのが一般的だが、さすがにそういうレベルではない。とはいえ、アニコム損害保険の一般契約よりも3%安いということだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクペット保険
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑