戦国時代が舞台の戦略的RPG「戦国修羅SOUL」。兵の陣形やスキルが鍵。声優陣や音楽にも注力

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
一昨年の「黒田官兵衛」に続き、NHK大河ドラマ「真田丸」が始まったことで戦国動乱期の武将たちへの注目が再び集まっていると思うが、タイミングを同じくして歴史物のスマートフォン向けゲームもいくつかリリースされている。


クリーク・アンド・リバー社が提供する「戦国修羅SOUL」もその一つで、昨年12月にリリースされ、100万ダウンロード突破に向けてダウンロード数を伸ばしている。1月26日に70万ダウンロードを突破したところだ(こちらの記事参照)。本作は同社の説明によれば「本格的3DリアルタイムバトルRPG武将英雄伝」というジャンルの作品になるが、シミュレーションRPGの要素を持ったRPGだ。

武将をはじめとするキャラクターたちのイラストは著名イラストレーターによる描き下ろし。

▲各キャラクターのイラストは著名イラストレーターを多数起用。

フィールドや戦闘シーンは3Dグラフィックによる演出だ。フィールド画面を見るとオンラインRPG風だが、実際にそのような感じで、フィールド内を自由に動き回れる。

▲フィールド画面を見ると普通のオンラインRPGだ。

戦闘は騎兵や弓兵などからなる武将でデッキを構成し、陣形を組んで行う。シミュレーションRPGの要素を含んだ戦闘システムだが、戦闘自体はオート。ポイントとなるのはデッキ構成・陣形、そして各武将ごとのスキルだ。スキルは様々で、攻撃だけでなく回復やサポート的なものもある。それらのスキルを「士気ゲージ」をためて使っていくわけだが、このスキルの使い方も大きな影響を持つ。

▲戦闘シーンはオートで進むが、デッキ構成と陣形、スキルの使い方が鍵になる。

下に掲載したのはPVだ。



この作品が注目を集めた理由の一つはサウンド・ボイス面にある。音楽はGACKTさん、accessの浅倉大介さんが担当し、大河ドラマ風の壮大な世界観を演出する、としている。実際の音楽は大河ドラマ風とはちょっと違う感じで、やはり浅倉大介さん、という印象を受けるが、派手でテンポがいい。

▲豪華声優陣も大きな魅力。

そして、声優陣の起用が豪華だ。GACKTさん自身も実は声優としても参加しているのだが、大塚明夫さん、梶裕貴さん、堀江由衣さん、戸松遥さん、立花慎之介さん、中尾隆聖さん、鈴村健一さん、立花慎之介さん、後藤邑子さん、渕上舞さん、黒田崇矢さんなどが声を吹き込んでいる。

1月に入ってからも新キャラクターの追加やシナリオの解放などが行われている。

▲1月6日のアップデートで新規武将追加、シナリオ解放が行われた。

▲70万ダウンロード突破記念のガチャイベントも実施中。

Android版、iOS版が用意され、料金体系は基本プレイ無料のアイテム課金制だ。Android版はGoogle Playのほか、「楽天アプリ市場」(楽天アプリ市場についてはこちらの記事を参照)でも配信されている。

アプリは下のリンク先からダウンロードできる。



(C) CREEK & RIVER Co., Ltd. © HRG Information Technology Co., Ltd.

【情報元、参考リンク】
「戦国修羅SOUL」公式サイト
Google Play/「戦国修羅SOUL」
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑