ソフトバンク、ロボットだけで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」を期間限定オープンへ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは27日、ロボットだけで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」を3月28日から4月3日までの期間限定でオープンすると発表した。


場所は東京都港区南青山5-1-25(最寄駅:東京メトロ 表参道駅)で、営業時間は正午から午後7時。対応する商品はSoftBankスマートフォンの新規契約のみ、となっている。

今回オープンするショップでは、ソフトバンクロボティクスのロボット「Pepper」が複数台導入され、呼び込み、受け付け、来店目的などのヒアリング、商品紹介などの業務を分担して行うという。

来店したお客は、Pepperの案内に沿って店内を回っていくことで契約できるとのこと。

同社によれば人型のコミュニケーションロボットが受け付け、ヒアリング、提案を行う店舗としては世界初の事例になるという(ROA社調べ)。ただし、注意書きに、契約手続きの一部はソフトバンククルーがサポートする、とあるため、全ての手続きがPepperだけで完結するわけではないのかもしれない。とはいえ、いずれにしても実験的で興味深い取り組みだと言える。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑