先着2500名にクラウドゲーム機Gクラスタが貰えるキャンペーンの締切迫る

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
クラウドゲームサービス「G-cluster(Gクラスタ)」をテレビで手軽にプレイできるようにするハードウェア「Gクラスタ基本セット」(定価:3,980円)を無料で入手できるモニターキャンペーンの締切が迫っている。締切は2月29日(*第一弾は1月末まででしたが、2月1日に第二弾キャンペーンが2月末までの間に行われることが発表されました)で、先着2,500名にGクラスタ基本セットがプレゼントされる。


Gクラスタはクラウドゲームサービスなので、プレイヤー側には高度な処理を行わせるためのハイスペックなハードウェアは要らない。サーバー側で処理したプログラムからストリーミングで映像を配信しつつ手元のコントローラーでプレイする形なので、ちょっとした機器で対応できる、というのが大きな利点。さらに言えば、Gクラスタはスマートフォン向けのアプリも提供している。

必要なのは最低3Mbps以上のインターネット回線と操作用のゲームコントローラ、そしてテレビなどのモニターとGクラスタ本体だけだ。

▲Gクラスタの仕組み(*クリックして拡大)

インターネット回線を介したプレイになるため、遅延が気になるかもしれないが、コンマ単位の時間の遅延が命取りになるFPSなどでもない限り問題ない。それは「PlayStation 4」のリモートプレイを経験したことがある方なら想像できると思う。PS4 リモートプレイも同じような原理でリモートプレイするわけだが、意外と問題なくプレイできる。

Gクラスタでプレイするゲームのセーブデータはサーバ上に保存される。



Gクラスタ本体とテレビはHDMIケーブルで繋ぎ、電源はUSBで取る。HDMIケーブル、USB-ACアダプタ、USBケーブルは基本セットに同梱されている。また、コントローラも「Logicool Wireless Gamepad F710」が同梱されている。このコントローラは単体でも市販されている品なので、PCなどで使うこともできる。Gクラスタ本体のサイズは約49×90×11mmで、重さは約45g。


コントローラが無くても実はプレイできる。その場合はスマートフォンやタブレットをコントローラとして使うことができるが、タッチ操作よりも物理的ボタンを押す方がプレイしやすいので、コントローラは欲しい。

Gクラスタにラインナップされているタイトルは、RPGではスクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XIII」「FINAL FANTASY XIII-2」「ファイナルファンタジーVIII for Gクラスタ」「ファイナルファンタジーVII インターナショナル for Gクラスタ」、そして「英雄伝説」や「イース」シリーズなど。スポーツでは「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015」「MotoGP13」など、アクションでは「ZOIDS Material Hunters」「アサシンクリードII」などがある。

パズルやテーブル、シューティング、アドベンチャー、シミュレーションなどのジャンルの作品もある。

▲遊べるタイトルの一例

今回のキャンペーンでは、これらのタイトルをテレビで遊べるようにするGクラスタ本体の基本セットが無料提供されるわけだが、数は限定されていて、先着2,500名だ。モニターキャンペーンへの応募条件は下記の通りだ。
  • 国内在住の満18歳以上の方
  • 自宅にWi-Fi環境を持っている方(安定した3Mbps以上の有効帯域推奨)
  • クレジットカードを持っている方
  • 月額500円プランに加入の上、モニターとして遊んでくれる方
  • (*無料モニター期間終了後の継続利用の有無は問われない)
  • モニター開始後に行われる電話アンケートへ協力すること

モニター期間はモニター開始月の翌月末までの最大2か月間。

上記の通り、月額500円プランは止めても構わないので、とりあえず最大2か月間はGクラスタを無料で試すことができる。それでいてGクラスタ基本セットはプレゼントされるので、返品しなくていい。

月額500円プランというのは約40本のゲームが遊び放題となるプランというだけで、解約してもGクラスタ本体が使えなくなるわけではない。すべての作品は10分間は無料でお試しプレイができるので、それを試してもいいし、各タイトルを個別に購入することもできる。

また、Gクラスタは前述のようにAndroidスマートフォン/タブレットでもプレイできる。これはAndroidアプリ「Smart G-cluster」を使って実現するもので、アプリに対応したタイトルしかプレイできないが、「FFXIII」「FFXIII-2」「FFVIII」「FFVII」「ラスト レムナント」は対応している。スマートフォンアプリ対応作品には「スマG」のマークが描かれている。

なお、スマートフォン/タブレット向けアプリはAndroid版しか現在は配信されていない。iOS版はない。

【情報元、参考リンク】
Gクラスタ公式サイト
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑