格安SIM市場で業界最安を目指すDMM mobileの加入者数が10万人を突破

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comが運営するMVNOサービス「DMM mobile」の加入者数が昨年12月20日時点で10万人を突破したことが明らかにされている。10万人という数字は「格安SIM」「格安スマホ」と呼ばれるMVNOサービスの市場において、シェア上位の事業者にはまだ及ばないものだが、比較的後発のサービスとしては好調な推移と言えそうだ。


DMM mobileの登場は2014年12月17日なので、約1年間で10万人を突破したことになる。

各社が続々と参入する格安SIM市場では現在、どの事業者も他社との差別化をしにくくなっているが、DMM mobileの場合は分かりやすく、業界最多の全20プランという細かいプラン構成と、業界最安値という2点をアピールしてきた。

最近は報道機関向けの発表では「最安」という点はアピールされなくなってきているが、公式サイトでは今でも「最安水準」と記載されているし、実際、ほとんどのプランで最安値となっている。一部のプランでは10円単位の話になってしまうが、最安をキープできなくなっているので最近はそれを謳うことを控えているのかもしれない。

とはいえ、今さら10円単位で競ってもあまり意味はないので、「最安」ということへのこだわりは薄れているのかもしれない。今後はきめ細かいプラン構成や通話アプリ「DMMトーク」、チャットサポート等のサポート体制、DMM.comの他のサービスとの連携による特典などがポイントになっていきそうだ。

なお、現在の市場シェアトップは「OCN モバイル ONE」を展開するNTTコミュニケーションズで、2番手に「IIJ mio」のインターネットイニシアティブ、3番手に橋本環奈がPRキャラクターを務める「U-mobile」のU-NEXTが続いている。3位のU-mobileが昨年9月末時点で50万回線を突破している状況だ。

【情報元、参考リンク】
DMM mobile
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑