【取材レポート】ディズニーモバイル新製品「Disney Mobile DM-01H」【ドコモ2015-16冬春モデル】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は29日にディズニーモバイルの最新Androidスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01H」(シャープ製)を発売する。

Disney Mobile on docomo DM-01H

事前予約はすでに受付中で、各種キャンペーンも行われている。購入者を対象にオリジナルスマホケースやオリジナルミラーをプレゼントする企画もあるし、東京ディズニーシー15周年「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」スペシャルナイトへのペア招待などの企画もある。

そのDM-01Hについて、今回は新製品発表会で展示されたデモ機の写真を交えて紹介したいと思う。

DM-01Hの展示ブース。


DM-01Hのコンセプトは「ディズニーパーク」。「手の中できらめくディズニーパークの世界」というのがキャッチコピーで、ディズニーパークの世界を楽しめるアプリやコンテンツが色々と入っている。


まずはライブ壁紙だが、ディズニーランドの4つのテーマランド「メインストリート」「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「アドベンチャーランド」の世界をモチーフにした4種類がプリインストールされている。

しかも、切り替えも手軽に可能で、セッティング用のウィジェットをタップし、好きなテーマランドのアイコンを選ぶだけで変更できるようになっている。


各テーマごとに用意されるのはライブ壁紙だけではなく、ロック解除アイコンやテーマごとのイルミネーション、画面オフアニメ、のぞき見ブロック、ロック解除音などもだ。

他にもディズニーコンテンツは用意され、毎日のやることを管理してくれる「ディズニー イルミリマインダー」アプリ、ディズニーのマチキャラ、メール素材、天気アニメーションなどがある。

ボディ背面にはキャッスルシルエットが描かれ、一目でディズニーモバイルと分かるデザインだ。カラーバリエーションはSparkle PinkとSparkle Blueの2色。残念ながら背面のシルエットは光りそうに見えて光らない。

左がSparkle Pink、右がSplarkle Blue。

しかし、底面(下面)の「ピクシーダスト」は様々なカラーで光るようになっている。しかも、光った時にだけ見える「隠れミッキー」もあるので購入したら確認してみよう。

底面のイルミネーション。光った時だけ現れる隠れミッキーマウスもある。

パッケージにはオリジナルのディズニースマホピアスが同梱され、上面にあるオーディオ端子に差し込むと特別なアニメーションが画面に表示される。ミッキーマウスたちがパークを楽しむ様子を描いた5つのサプライズアニメーションが用意されているので、購入したらチェックしよう。

オリジナルスマホピアス。

アニメーション。

話をボディに戻すと、前面のディスプレイは約4.7インチのフルHD液晶。片手で操作しやすいコンパクトなサイズのディスプレイだ。そして、左右と上部の縁が狭い「EDGEST」デザインになっているので、ボディ自体も小さい。かなり扱いやすいボディになっている。一方、一般的なスマートフォンでは前面の上部に用意されるフロントカメラが下にある。慣れるまでは「あれ?」っとなりがちなので注意したい。


右側面には電源とボリュームキー、左側面にはmicroUSB端子とSIMカードスロット、microSDカードスロット、ストラップホールが用意されている。


防水・防塵仕様なので、キッチンやお風呂などの水周り、雨の日なども安心して使える。

その他のハードウェアの仕様は、ボディサイズが約126×66×8.9mm、重さ約121g。CPUはQualcomm MSM8992(ヘキサコア)、メモリは3GB RAM、16GB ROM、OSはAndroid 5.1だ。沢山のゲームアプリをインストールしておくにはROMは不足だが、写真や動画などをmicroSDカードに保存するようにすれば、大抵のユーザーは大丈夫だろう。microSDカードは最大200GBまでサポートしている。

バッテリー容量は2,810mAhで、コンパクトスマートフォンの割には大容量だ。モバイルネットワークはLTEの下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応し、VoLTEも利用できる。しかし、より高速な「LTE-Advanced」には非対応だ。

カメラはメイン側が約1,310万画素、サブ側が約500万画素。ワンセグには対応するがフルセグには非対応、おサイフケータイ対応といった仕様だ。

ソフトバンク向けのディズニーモバイルの新製品開発がなくなった今ではドコモ向けのディズニーモバイルは貴重な存在だ。そして、今回、シャープのAQUOSコンパクトモデルをベースに新製品を用意したわけだが、4.7インチのフルHDディスプレイにヘキサコアCPU、3GB RAMという基本スペックはちょうど手頃で、DM-01Hはよくできたディズニーモバイルスマートフォンだと思う。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Disney Mobile on docomo DM-01H製品ページ
シャープ/Disney Mobile on docomo DM-01H製品ページ

(C)Disney.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑