本日14時よりASUS発表会開催。ライブ配信実施。ASUS Shopもリニューアルでキャンペーンを多数予定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは25日14時より都内で新製品発表会を開催する予定で、その模様はYouTubeを使ったライブ配信でも公開される。GAPSISでも発表内容を記事としてお伝えした後、取材レポート記事も用意する予定だが、今回の発表会にはASUSも力が入っているようだ。

参考画像:グローバル版のZenFone Zoom

というのも、ASUS公式通販サイトの「ASUS Shop」のリニューアルも同時に行われるからだ。ASUS Shopは本記事執筆時点でメンテナンス状態に入っており、15時に終了する予定だ。キャンペーンも多数用意しているとのことなので、楽しみに待ちたい。

今回の発表内容の中心は、Androidスマートフォン「ZenFone」シリーズの最新機種「ZenFone Zoom」だと予想されている。それはティザー画像に描かれた鷹の目の中にZenFone Zoomのメインカメラのレンズ部分が写っていることからも分かる。

ティザーイメージ。眼に写るカメラレンズの形状はZenFone Zoomのものでは?

もちろん、まだ公式発表はされていないので、本当にZenFone Zoomなのかは分からないし、他にも発表されるものがあるかもしれない。いずれにしても注目だ。発表会の模様は下に掲載したYouTubeで視聴することが可能で、発表会後には「開封の儀」と題した実機の紹介映像も配信される予定。





ZenFone Zoomは、「ZenFone 2 Laser」よりも圧倒的にカメラ機能を強化したスマートフォンだ。ZenFone 2 Laserにはレーザーオートフォーカスを採用し、フォーカス速度を向上させたが、ZenFone Zoomはそれだけに止まらない。「ウルトラファストレーザーオートフォーカス」を採用し、最短で0.03秒でのフォーカスが可能となっている。

そして、光学3倍ズームと光学手ブレ補正を搭載している。普通のスマートフォンではデジタルズームしかできないので、ズームするとどうしても画像が粗くなってしまうが、ZenFone Zoomの場合は光学3倍ズームができるので、そんな心配も不要。デジタルズームと併用すると最大で12倍までのズームが可能だ。

また、特にズームをした時に気になる手ブレだが、光学式の手ブレ補正を搭載したことで、ある程度軽減されるはずだ。

ディスプレイのサイズは約5.5インチで、解像度はフルHD。グローバル版ではメモリが4GB、ストレージは64GB、128GBのモデルなどが用意されていたが、日本版はどうなるのか、その辺りも気になるところだ。

本体サイズは約158.9×78.84×5-11.95mm、重さ約185g。

もちろんこれらのスペックはグローバル版のものなので、注意してほしい。

【情報元、参考リンク】
ASUSティザーサイト
ASUS公式オンラインショップ「ASUS Shop」
ZenFone Zoom製品ページ(グローバル)
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑