SoftBank 4G向けの基地局設置場所提供で賃料とは別に最大10万円の成約ボーナスを支払うキャンペーン実施

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクグループのWireless City Planning(以下、WCP)は24日、「AXGP」(TD-LTE互換)のネットワーク基地局の設置場所を期間限定で募集すると発表した。WCPのAXGPは現在、ソフトバンクの通信サービス「SoftBank 4G」のインフラとして使われている。


基地局を設置するためのスペースを提供したビルや建物のオーナーには1基地局あたり最大10万円が成約ボーナスとして支払われる。

このキャンペーンは、現在も急激に増え続ける無線通信を支え、ユーザーにより快適な通信環境を提供するために実施される。

具体的にはエリアなどに条件があり、対象は東京23区および政令指定都市となる。2015年12月25日から2016年3月31日までの間に募集され、その間に申し込みを行い、設置場所を提供し、同社の審査基準を満たした場合に、設置場所の賃料の他に、1基地局あたりで最大10万円の成約ボーナスが出る、ということだ。

成約ボーナスはエリアによって異なり、東京23区で10万円、政令指定都市で40,000円となる。

賃料は東京23区の場合、年間で10,000円、政令指定都市で5,000円だ。詳しくは下のリンク先のページで確認できる。

【情報元、参考リンク】
基地局設置場所提供キャンペーンについて
Wireless City Planning/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑