ソフトバンクが1.5GHzと1.7GHz帯での3Gを終了してLTEに切り替え。900MHzと2GHz帯の3Gは継続提供。影響を受ける機種のユーザーには機種変更キャンペーンを提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは11日、1.5GHzと1.7GHz帯で提供中の3Gの通信サービスを終了させ、同周波数帯での通信サービスはLTEのみに移行させると発表した。900MHz帯と2GHz帯での3G通信サービスの提供は継続される。

なお、この措置は「SoftBank」ブランドの通信サービスだけでなく「Y!mobile」も含まれる。

3Gの通信サービスは縮小されることになるが、一方でLTEのサービスは拡大されることになるため、LTEをメインで利用する近年の機種のユーザーにとってはLTEの通信環境が向上することになる。

まずは1.5GHz帯からで、2017年3月末で3Gのサービスを終了させ、4月以降順次LTEのサービスに切り替える。また、1.5GHz帯での3Gのサービスは終了に先駆け、2016年9月以降、関東の一部地域において下り最大速度が低速化される。

次に1.7GHz帯だが、こちらは2018年1月末で3Gのサービスが終了となり、2月以降順次LTEサービスの提供が始まる。

基本的に近年のLTE対応機種を利用しているユーザーには悪影響はないが、古い3G端末を利用中の方には大きな影響がある。そのため、ソフトバンクは使っている機種が影響を受けるかどうかを調べられるページを用意している。さらに、対象となる方には機種変更キャンペーンを提供する。

自分が使っている機種が影響を受けるかどうかは下記リンク先のページで確認できる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑