日本語入力アプリ「Simeji」が今年の顔文字2015を発表。約5万種類の中から大賞に輝いた顔文字は?

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
バイドゥは14日、日本語入力アプリ「Simeji(シメジ)」の「今年の顔文字2015」を発表した。約5万種類もある顔文字の中からSNS上で多く使用されたと思われる顔文字や、今年話題となった言葉が反映された顔文字などを厳選し、Simejiのスタッフが25作品をノミネート。その中からユーザー投票で大賞が決まった。


ユーザー投票数は約2,000。最終的に大賞に決まったのは「( ˙-˙ )」(真顔)だ。

スタッフによれば、真顔が大賞を獲得した理由として、著名人のInstagramやTwitterで多くの「真顔」写真が投稿されていたことが影響しているのではないか? ということだ。変顔ブームからの反動なのか、逆にシュールさが面白いということで真顔というトレンドが生まれたと考えられる、とコメントしている。

実際の理由は他にも色々と考えられると思うが、顔文字としての真顔は汎用性が高いということも大きいのだろう。微妙な返答をしたい時に使いやすい顔文字だけに使用頻度も高くなる。

なお、Simejiといえば、元々Androidで人気の日本語入力アプリだったが、中国のバイドゥが権利を取得して以降は、何度かセキュリティ関係で話題になったこともある。色々な話題、変遷を経てきたが、今でも人気アプリの一つであることには変わりなく、さらには昨年9月にはiPhone/iPod touch版もリリースされている。今年の12月時点でiOS版だけでも600万ダウンロードを突破しており、実は今年の3月にはiOS向けに有料アプリとなる「Simeji Pro」もリリースされている。

ノミネートされた顔文字(*クリックして拡大)

おそらく日本語入力システムによってユーザーの好みや人気が異なると思うので、ATOKなど、他社のシステムにおける顔文字の利用頻度や人気なども知りたいところだ。

【情報元、参考リンク】
Simeji/今年の顔文字大賞2015
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑