NEC、子会社のNECモバイルから携帯電話事業を譲り受け、事業の効率化を図る

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本電気(以下、NEC)は25日、子会社であるNECモバイルコミュニケーションズが手掛けてきた携帯電話端末事業を2016年3月1日付で譲り受けることを決定したと発表した。

ドコモ向けの昨年モデルN-01G

今ではNECはスマートフォンの新規開発・販売を行っていないため、あまり馴染みがなくなってきてしまっているが、NECは2013年7月に携帯電話事業の見直しを行い、スマートフォンの新規開発を中止し、段階的に事業を縮小してきた。

競争の厳しいスマートフォンの開発は止めても、フィーチャーフォン(ガラケー)の事業は行っていたが、独立会社として運営するには非効率な事業規模となったため、NEC本体に事業を譲渡するということだ。

NECモバイルコミュニケーションズの従業員数は約30名なので、それも理解できる。2014年度実績での端末の出荷台数は約75万台で、売上高は約230億円だ。

NECは今回の体制見直しによって、携帯電話端末事業の運営効率化を図り、この事業を継続していく。

【情報元、参考リンク】
NEC/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑