ついにキャッシュカードまで不要の時代へ。日立がNFCを使いスマホをタッチするだけでATM取引ができるサービスを金融機関向けに提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日立製作所は17日、スマートフォンを用いたキャッシュカードレスの金融取引を実現する「日立モバイル型キャッシュカードサービス」を国内の金融機関向けに販売開始したと発表した。

「日立モバイル型キャッシュカードサービス」の概要図

このサービスでは、金融機関が発行するキャッシュカードの情報をスマートフォンに格納し、キャッシュカードなしでATMでの取引を可能にする。取引の際は、スマートフォンのNFC機能を活かし、「おサイフケータイ」のようにタッチするだけいい。

キャッシュカード内には口座番号などの情報が格納されており、ATMではそれを読み取るようになっているが、今回の日立モバイル型キャッシュカードサービスでは、そのキャッシュカード自体が不要になる。従来、キャッシュカードに格納していた情報をNFCに対応したAndroidスマートフォン向けアプリに格納し、スマートフォンをキャッシュカード代わりにするわけだ。

ユーザーは、金融機関が提供するスマートフォンアプリを使用して、現金の引き出しなど希望する取引内容を事前登録し、営業店窓口やATMに設置された読み取り端末にスマートフォンをかざすだけでいい。

キャッシュカードの携帯だけでなく、窓口取引での伝票記入・印鑑使用も不要になるので、楽といえば楽だ。

しかし、気になるのはセキュリティ。スマートフォンにキャッシュカード機能まで持たせるため、これまで以上に紛失・盗難が気になるし、不正なアプリによる情報の抜き出しやウィルス等も不安になる。だが、モバイル型キャッシュカードの情報はスマートフォン内の安全性の高い領域で管理し、不正なアプリによる情報搾取などを防止できる高いセキュリティを確保している、とのこと。

我々一般ユーザーがこのサービスを利用できるようになるためには、いずれかの金融機関がこのサービスを購入・導入する必要があり、ATM側のシステムなども導入される必要があるため、実際に利用できるようになるにはまだまだ時間がかかる。しかし、そういう時代が来るのは確かだろうし、他の企業も同種のサービスを開発・導入してくるだろう。

このサービスは、金融と技術を組み合わせ、最先端のITを駆使した画期的なサービスを創出するための活動の一環として開発、登場したもので、今後も日立製作所は関連企業とも連携しつつ、金融機関における新たなサービス等の創造を支援していくということだ。

【情報元、参考リンク】
日立製作所/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑