ドコモ、10.1インチタブレット「dtab d-01H」を12月17日に発売へ。8インチモデルのd-01Gは特別割引で端末代10368円&月々サポート41472円に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は14日、「ドコモタブレット dtab d-01H」を17日に発売すると発表した。dtabシリーズの最新モデルとなるd-01Hはスペックも十分に高く、動画やゲームなども存分に楽しめるハードウェアに仕上がっている。

dtab d-01H

まず、4スピーカーと独自の音響技術に加え、harman/kardonの高音質化技術「Clari-fi」を搭載し、圧縮音源の失われた信号を復元し、より良い音でサウンドを楽しむことができる。しかも、4スピーカーは低音用、高音用に分かれ、厚みのある低音を出すことが可能となっている。

ワンセグ/フルセグも搭載するので、モバイルできるテレビとしても活用できる。

ディスプレイは約10.1インチサイズで解像度が1,920×1,200ドットの液晶で、OSはAndroid 5.1、CPUはHiSilicon Kirin 930オクタコア(クアッド2.0GHz+クアッド1.5GHz)、メモリは2GB RAM、16GB ROM、バッテリー容量は6,500mAhといった基本スペック。

カメラはメイン側が約1,300万画素、サブ側が約500万画素で、ネットワークはドコモのLTEの下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応する。

本体サイズは約173×240×7.3mmで、重さは約498g。

dtabは初代モデルこそ低スペックで安価なモデルだったが、d-01Hは本格的に使える仕様のタブレットに仕上がっており、侮れない。

dtab d-01G

また、ドコモオンラインショップは11日より「dtab d-01G」の特別割引を開始しており、d-01Gが22,032円引きで販売されている。d-01Gはディスプレイサイズが8インチのモデルだが、こちらも悪くない仕上がりのタブレットなので、意外と買い時かもしれない。ただし、d-01Gはメモリが1GB(RAM)しかないので、ゲームなどを本格的に遊ぶには物足りない。しかし、一般的な用途では大丈夫だ。

端末代32,400円から22,032円引きなので、端末代は10,368円になる。そこに月々サポートが41,472円ついてくるので、月々の通信費も安くなる。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/dtab d-01H製品ページ
ドコモオンラインショップ/dtab d-01G製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑