橋本環奈さんがPRキャラクターを務める格安SIMのU-mobileの総回線数が50万を突破。スマホセットはZenFone等の他、BlackBerryも揃える

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
U-NEXT(ユーネクスト)は13日、同社が提供するMVNOサービス「U-mobile(ユーモバイル)」の総契約回線数が9月末時点で50万回線を突破したと発表した。実際にはもっと多く、前年同期比で約5.2倍の52万回線となる。

推移をみると昨年12月の時点で17.4万、今年3月で24.5万、6月で38.8万回線だった。

U-mobileは2013年5月からモバイルWi-Fiルーターを用いてモバイル通信サービスを提供する「U-mobile*E」を開始し、同年9月からSIM単体で提供するデータ通信のみの「U-mobile*d」を開始していたが、2014年7月からは音声通話機能にも対応し、ブランドを「U-mobile」に統一した。

今でこそ「格安SIM」「格安スマホ」と言われるサービスは数多くの企業が手掛けているが、U-mobileは比較的、市場の黎明期に参入し、月間データ量制限のないプランを提供するなどの特色があったこともあってか着実に回線数を伸ばしてきた印象だ。

また、アイドルの橋本環奈さんをブレイクから間もないタイミングでPRキャラクターに起用したことも、その後の認知度を高めることに寄与していそうだ。

調査会社のMM総研が今年6月に発表したデータによれば、3月末時点でのMVNO回線契約数は全体で3,000万回線、そのうち「格安SIM」等の独自サービス型のSIMも1,100万回線を突破しているという。

格安SIMの市場では「OCN モバイル ONE」を始めとするサービスを提供するNTTコミュニケーションズが3月末時点では22.6%のシェア(73.8万回線)でトップ、以下、IIJmio SIM等のインターネットイニシアティブ、日本通信、ビッグローブが続く状況だったが、U-mobileも上位に食い込んでいる。

現在のU-mobileはセット販売するスマートフォンのラインナップも増えてきており、現時点では「priori2」「ZenFone 2 Laser」「Ascend G6」「ZenFone 2」「Ascend Mate7」「BlackBerry Classic」「BlackBerry Passport」を揃えている。BlackBerryシリーズを選べることも特徴の一つだろう。

格安SIM市場はいまだに参入が増え、競争が激化しているだけに今後も気になる市場だ。

【情報元、参考リンク】
U-mobile
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑