ケータイショップ「テルル」を運営するピーアップがドコモ/au/ソフトバンク等の通信規格に対応したSIMフリースマホ「mode1 MD-01M」を12月に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
携帯電話ショップ「テルル」を運営するピーアップは12月にNTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)、ソフトバンクが利用する通信規格に対応したSIMフリーのAndroidスマートフォン「mode1 MD-01M」を発売する。

mode1

より正確に言えば、ドコモ/au/ソフトバンクだけでなく、世界の様々な通信規格に対応している端末だが、具体的な対応規格は後日、公式の製品ページで公開される予定。

発売日は12月になる予定で、カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。テルル等のショップのほか、mode1を取扱うMVNO事業者(「格安SIM」「格安スマホ」「格安通信サービス」等で表現されることも多いが、国内ではドコモやau、ソフトバンク等の回線を借り受けてサービスを提供している事業者)から購入することができるようになる。

想定販売価格は3万円台になる予定で、5インチでHD解像度(1280×720ドット)のIPS液晶を搭載する。このサイズ・解像度のディスプレイを積み、3万円前後のスマートフォンは各社が投入しているが、それらと競合する製品の一つといえるだろう。

「ASUS ZenFone 2 Laser」や「HTC Desire 626」などと競合するが、mode1は自前のテルルで対面販売できる分、販売チャネルに関してはある程度有利かもしれない。

OSはAndroid 5.1、CPUはQualcomm MSM8916(クアッドコア1.2GHz)、メモリは1GB RAM、8GB ROM、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、バッテリー容量は2,300mAh、ボディサイズは約146×71.2×7.9mm、重さ約145g、メインカメラは約800万画素、サブカメラは約200万画素といった基本仕様だ。

最近はSIMフリースマートフォンの機種が日本でも増えてきただけに、選択も難しくなってきたが、実際にどれくらいのパフォーマンスの製品に仕上がっているのかも気になるところだ。



【情報元、参考リンク】
mode1製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑