ソフトバンク、同性とのパートナーシップ証明書類で家族割引などへの申込が11月12日より可能へ。証明書類がなくても同住所ならOK

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは11日、地方自治体などが発行する同性とのパートナーシップを証明する書類による家族割引などへの申込を12日より受付開始すると発表した。

ソフトバンクでは以前から、家族(血縁・婚姻)または同住所(生計を同じくしている)が確認できる方を対象に、家族であることを条件とする家族割引などのサービスを提供しているが、今回から条件が拡大されることになった。

また、同性とのパートナーシップを証明する書類が発行されていない地域に住んでいる方でも、同住所であれば家族であることを条件とする各種サービスを利用することができる。

対象サービスは「SoftBank」の通信サービスの場合は「ホワイト家族24」「ホワイトコール24」「家族おトク割」「家族データシェア」「スマート値引き」で、「Y!mobile」のサービスでは「家族割引サービス」と「光おトク割」となる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑