auのAQUOS SERIE mini SHV31とAQUOS SERIE SHV32にソフトウェア更新が提供開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは25日、auのシャープ製Androidスマートフォン2機種に最新のソフトウェア更新の提供を開始した。「AQUOS SERIE mini SHV31」と「AQUOS SERIE SHV32」で、それぞれ内容は異なる。

SHV31では、着信ランプが設定した点滅パターンで点灯しない場合がある、という事象を改善する内容で、他にもいくつかの改善等が含まれる。更新ファイルサイズは約10MBで、所要時間も10分程度しか掛からないので、ちょっとしか空き時間にでも導入できるだろう。

一方のSHV32向けは、お知らせ/ステータスパネルが表示できない場合がある、という事象やテレビが起動中に突然終了する場合がある、という問題を改善する。

こちらもファイルサイズは約26MBと小さく、15分程度の時間で導入できる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/AQUOS SERIE mini SHV31 アップデート情報
KDDI/AQUOS SERIE SHV32 アップデート情報
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑