ミクシィが新ゲームアプリ「マーベル ツムツム」を発表。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ロケット、スパイダーマンなどが登場!バトル要素や協力プレイも

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ミクシィは6日、ゲームスタジオ「XFLAG(エックスフラッグ)」から「モンスターストライク」に続く、新しいスマートフォン向けアプリとして「マーベル ツムツム」を来春リリースすると発表した。

©MARVEL

「ツムツム」と言えば、「ディズニー ツムツム」が真っ先に思い浮かぶが、このマーベル ツムツムもウォルト・ディズニー・ジャパン、NHN PlayArtとの共同開発アプリとなる。

登場キャラクターはマーベルのヒーロー達で、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ガモーラ、ロケット、アントマンなど、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(以下、MCU)を舞台に活躍する映画「アベンジャーズ」シリーズのスーパーヒーロー達やスパイダーマン(スパイダーマンも今後はMCUに登場)などだ。彼らがディズニーキャラクターのぬいぐるみ「TSUM TSUM」のようにぬいぐるみキャラクターになって登場する。

ゲームの内容はディズニー ツムツムのようになぞって消すパズルゲームのシステムに、モンスターストライクの醍醐味である協力プレイやバトル要素を盛り込んだものになるという。テーマは「マーベルヒーロー大集合!仲間とタッグでガチツムバトル!」ということで、協力プレイやバトル要素がキーポイントになりそうだ。

なお、MCUを舞台とする映画シリーズと言えば、今年は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」と「アントマン」が上映されたが、来年は5月6日(以降、アメリカでの公開日)に「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」、11月4日に「ドクター・ストレンジ」が控え、2017年には5月5日に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」、7月28日にリブートされる「スパイダーマン」、11月3日に「ソー/ラグナロク」、2018年に「ブラックパンサー」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー PART1」「アントマン&ワプス」が予定され、それ以降も「キャプテン・マーベル」や「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー PART2」「インヒューマンズ」などが公開される。

今後も毎年2、3作品のペースでMCUの映画が用意されるので、マーベル・ヒーローの認知度や人気は日本でもさらに高まっていくはずだ。それだけに、来春のマーベル・ツムツムも楽しみなアプリになりそうだ。

【情報元、参考リンク】
ミクシィ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑