ワイモバイル、VoLTEを10月20日から提供開始。まずはNexus 5XとAQUOS CRYSTAL Yから対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は15日、LTEネットワーク上で音声通話を行う「VoLTE(Voice over LTE。ボルテ)」を20日より提供開始すると発表した。まずは同日発売予定のスマートフォン「Nexus 5X」と「AQUOS CRYSTAL Y」から対応する。

ただし、AQUOS CRYSTAL Yについては、VoLTEの利用準備が整い次第、改めて案内される見込み。Nexus 5Xは購入後からVoLTEを利用できる。

ワイモバイルで提供されるVoLTEはワイモバイルの取扱端末間だけでなく、「SoftBank(ソフトバンク)」ブランドのVoLTE対応端末との間でも利用することができる。SoftBankでは昨年12月からVoLTEを提供しているので対応端末が多く、現在販売中の10機種のほか、新機種の「Nexus 6P」「AQUOS Xx2」など、今後発売予定のスマートフォンでも対応する予定。

VoLTEでは音声通話の音質が従来と比べて良くなるほか、発着信の時間が短くなることや、通話中でもLTEでデータ通信できることが大きな魅力になる。例えば通話しながらWebサイトを見たり、お互いにGoogle マップを見ながら話すときなどにデータ通信速度が速いので、従来よりもスムースなコミュニケーションができるようになる。

また、VoLTEの利用には追加料金は発生せず、現在加入中の料金プラン・割引サービスで利用することができる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑