KDDI、爆発や火災の危険のある場所でも使える防爆タブレットTOUGHPAD FZ-E1/X1を発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは14日、「国内防爆検定」を取得した法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-E1」と「TOUGHPAD FZ-X1」を10月下旬より販売開始すると発表した。どちらもパナソニック システムネットワークス製で、FZ-E1はWindows Embedded 8.1 Handheldモデル、FZ-X1はAndroid搭載モデルとなる。

TOUGHPAD

パナソニックのTOUGHPADシリーズは元々タフネスさを売りとし、工事現場や工場、環境の良くない場所などでの使用を想定した法人向けの製品。

今回のFZ-E1とFZ-X1は、電気火花や高温度の物体などの点火源に触れると爆発や火災が起こる可能性がある危険な場所において使用可能となる「国内防爆検定」を取得していることが大きな特徴。

また、画面が濡れていても手袋をしたままでタッチ操作が可能な「高感度近接検知タッチパネル」を搭載しているので、手袋を外す必要がなく便利になっている。大型プランとや石油・ガス貯蔵庫、化学工場などでの使用にも向いている、とされている。

ディスプレイは5インチのHD液晶で、バックライトの輝度は最大500cd/m2。バックライトが明るいことも特徴の一つとなっている。

ネットワークでは、au 4G LTEに対応し、広いエリアで高速データ通信ができるほか、タブレットながら音声通話にも対応している。Wi-FiはIEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac準拠で、大容量のバッテリーを搭載し約14時間の駆動、1000時間の待受が可能。さらにホットスワップ対応で、現場でのバッテリー交換ができる。

他には1次元/2次元バーコードリーダー搭載、NFC搭載、大口径のツインスピーカー搭載など、現場で使うため、業務で使うための様々な機能を搭載している。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
パナソニック/タフパッド FZ-E1/X1製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑