信長の野望・創造がAndroid・iOS向けクラウドゲームとして販売開始。15分の無料お試し可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ブロードメディアとGクラスタ・グローバルは2日、コーエーテクモゲームスの歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・創造」をスマートフォン・タブレット向けクラウドゲームとして提供開始したと発表した。


販売価格は4,000円(税込)だが、クラウドゲームの場合、常に通信を行いながらプレイするスタイルのため、ユーザーの端末のスペックやWi-Fi、モバイルネットワーク、固定通信等の通信品質などが影響することもあり、15分間のお試しプレイが用意されている。

このお試しプレイで問題なく動作するか確認の上で購入するようにしたい。対応OSはAndroid 4.2以降、iOS 8.1以降で、通信は安定した3Mbps以上の有効帯域が必須とされる。また、常時6Mbps以上であればより高画質でプレイすることができる。


「信長の野望」シリーズはコーエーテクモゲームスにとって「三国志」シリーズと並ぶ、二大歴史シミュレーションゲームで、「信長の野望・創造」はその30周年記念作品。

2013年12月発売の作品なので新しく、しかもPC版先行ではなく、PC版とコンシューマーゲーム機版が同時発売されたタイトルになる。PC版とPlayStation 3版が先行発売され、翌年2014年にPlayStation 4版とPlayStation Vita版が発売されている。

4,000円という値段はPlayStationシリーズ版と同程度の価格で、PS4/3/Vita、いずれも4,000円前後で現在はBest版を購入できるようになっている。クラウド版が安価、ということはない。



【情報元、参考リンク】
「信長の野望・創造」Gクラスタ・クラウドゲーム版公式サイト
「信長の野望・創造」公式サイト

(c)コーエーテクモゲームス All Rights Reserved.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑