ドコモ、「docomo ID」を12月1日より「dアカウント」に名称変更へ。新規約も公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は5日、以前より告知していた「docomo ID」の名称変更を12月1日に行うと改めて発表した。新名称は「dアカウント」で、ロゴも公開されている。

docomo IDからdアカウントへ

現在、docomo IDはドコモの回線契約を持つ方以外でも取得可能となっており、「dTV」などのサービスはドコモの携帯電話ユーザーでなくても利用できるようになっている。

そのため、docomo IDのユーザーはドコモの回線契約を持つユーザーと、持たないユーザーに分かれ、規約も別となっている。回線契約を持つ方向けの「docomo ID規約」と、「docomo ID規約(回線をお持ちでない方向け)」の2つだ。

規約も現在の2つを1つに統合に、名称を変更

今回、docomo IDからdアカウントに名称変更するにあたり、規約も一つにまとめる。名称は「dアカウント規約」で、今後は回線契約の有無によらず、この規約が適用されることになる。

dアカウント規約はすでにWeb上で公開されているので、気になる方はチェックしてみよう。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
NTTドコモ/dアカウント規約
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑