自撮り専用カメラアプリ「B612」の累計ダウンロード数が1億を突破

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは19日、自撮り専用のカメラアプリ「B612」の累計ダウンロード数が全世界で1億件を突破したと発表した。突破したのは10月9日で、Android版、iPhone版、Windows Phone版を合わせたもの。

ダウンロード数の推移

B612は日本語だけでなく英語、フランス語、ドイツ語ほか、数カ国語に対応しており、グローバルで利用者を拡大しているアプリで、Android版は昨年10月9日、iPhone版はその前の昨年8月13日にリリースされ、Windows Phone版も今年の7月23日に公開されている。価格は無料。

自撮り専用のカメラアプリで、様々なフィルターやエフェクトを搭載し、好みの写真や動画を撮影することができる。フィルターの種類は89種類で、ランダムでフィルターを適用するランダムフィルター機能もある。

また、友人と別々に撮影した自撮り動画を1画面にコラージュできる「秘密箱」機能や、スマートフォン内に保存されている画像の加工もできる。


【情報元、参考リンク】
Google Play/B612
App Store/B612
Microsoft ストア/B612
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑