Yahoo!地図アプリでエリアや施設の混雑度の表示が可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは24日、スマートフォン向けの地図アプリ「Yahoo!地図」アプリにおいて、エリアや施設周辺の混雑度を確認することができる機能「混雑レーダー」の提供を開始したと発表した。


混雑レーダーはYahoo!地図アプリを最新バージョンにアップデートすることで利用可能になる。Android版、iOS版、どちらでも利用できるので、Google Play、App Storeからダウンロード/アップデートしてみよう。

混雑レーダーはアプリ起動後、画面左上の三本線のメニューアイコンをタップして表示されるメニューリスト中の「混雑レーダー」をタップすることで表示できる。画面上部に時間を表示するスライダーがあり、それを動かすことで、過去3時間分の状況を確認可能となっている。

混雑度はヒートマップで表示されるので、パッと見た瞬間、どのエリアに人が多く集まっているか判断できる。

この機能は、「Yahoo!防災速報」アプリの位置情報をもとに算出した混雑状況をYahoo!地図アプリ上に表示するもので、全国3万施設では5段階の「混雑指数」を確認することもできる。対象施設を検索して一覧表示したり、画面下に施設の詳細情報を表示する場合、5段階の混雑指数が表示される。

休みの日は大抵の場合、大型施設などは混んでいることが常だが、一応外出前に参考情報として混雑状況を確認できるのは便利だ。

【情報元、参考リンク】
Yahoo!地図ブログ/Yahoo!地図の新機能『混雑レーダー』でどこが混雑しているかすぐわかる!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑