JR西日本、「自撮り棒」の使用を全駅で禁止

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)は19日より、JR西日本の全駅において、スマートフォンで自分撮り(以下、自撮り)を行う際に使うスティック状のアクセサリー、通称「自撮り棒」「セルフィースティック」などの使用を禁止した。

掲示ポスターの一部

スマートフォンで自撮りする際、手で持って撮影する場合、複数人などでの撮影がしにく、背景も入りにくい。そこで、被写体である自分達からある程度距離を取れるよう、スティックの先にスマートフォンを固定するホルダーが設置された「自撮り棒」と呼ばれるアクセサリーが人気を集めている。

海外で人気が出てから日本でも、という流れだが、自撮り棒を使う人は確かに増えてきた。特に観光地などでは見かける機会が多い。

しかし、自撮りは要するに長い棒なので、周囲に注意して扱わないと他人にぶつけて怪我を負わせたりと、トラブルが起きることもある。

今回、JR西日本では、周囲の人や列車などに接触する危険があるほか、架線に接触して感電する恐れもあるとして、JR西日本管内の全1195駅での自撮り棒の使用を禁止した。自撮り棒の使用禁止の掲示は公式サイト上にPDFで公開されているので、チェックしてみよう。駅や車内でも掲示を行い、注意を喚起する。

【情報元、参考リンク】
JR西日本/自撮り棒禁止の掲示(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑