テレビチューナー搭載・下り最大187.5Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 501HW/502HW」が10月9日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは28日、テレビチューナーを搭載、キャリアアグリゲーションに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 501HW」(ファーウェイ製)を「SoftBank」ブランドで10月9日に発売すると発表した。あわせて「Y!mobile」ブランドからも「Pocket WiFi 502HW」として販売される。

Pocket WiFi 501HW

この501HW/502HWは、一般的なモバイルWi-Fiルーターの機能に加えて、テレビチューナーを内蔵している。ワンセグ・フルセグ対応のテレビチューナーを搭載することで、スマートフォンやタブレットでテレビを視聴することが可能となる。

テレビ視聴ができるのはAndroid、iOSで、専用アプリをGoogle Play、App Storeからダウンロードして利用する。ワンセグやフルセグを搭載しないスマートフォンでもテレビを視聴できるので、外出先でテレビを視聴する機会がある場合は、一般的なモバイルWi-Fiルーターよりもありがたい。

また、肝心のモバイルネットワーク対応では、キャリアアグリゲーションに対応し、下り最大187.5Mbpsでの通信が可能だ。「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」、そしてY!mobileのネットワーク、W-CDMAにも対応する。

Wi-FiはIEEE802/11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)対応で、最大で10台までのWi-Fi機器を同時接続できる。

バッテリーは3,000mAhで、連続通信時間はキャリアアグリゲーション非適用時で約10時間。連続待受時間は約850時間。ディスプレイは約2.4インチ、本体サイズは約104×60×18.3mm、重さ約150gだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ/データ通信機器
ワイモバイルオンラインストア/Pocket WiFi製品ページ
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑