次世代型クラウド通訳サービス「J-TALK」発表。AKB48 高橋みなみさん、平田梨奈さん、高橋朱里さんが発表会に参加

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ビーマップは29日、次世代型のクラウド通訳サービス「J-TALK(ジェイトーク)」の発表会を開催し、サービス概要を公開した。発表会にはAKB48のメンバーである高橋みなみさん、平田梨奈さん、高橋朱里さんが招かれ、サービスのデモンストレーションが行われた。


J-TALKはTV会議システムを開発するオサムインビジョンテクノロジーと共同解発されたクラウド通訳サービスで、10月から提供開始予定となっている。

J-TALKでは、国内のコールセンター型の通訳センターと接続するだけでなく、SOHOや個人活動で行っている通訳社をインターネット経由で接続することで、自宅から通訳サービスをユーザーへ提供できる仕組みとなっている。さらに、ユーザーからのフィードバック評価に基づいて、通訳精度が高い通訳者とユーザーを結びつけられるようになっている。

発表会場で行われたデモンストレーションではカフェを想定したシチュエーションにおいて、米国生まれで米国育ちで英語が堪能な平田さんが外国人のお客さん役、高橋朱里さんが英語の分からない店員役、高橋みなみさんが敏腕の通訳者という役柄になった。

高橋みなみさんと高橋朱里さんは「全然英語が話せないので、こういうアプリがあると希望が持てますね」とコメントしている。

また、通訳が0円から使用できることについては「0円って魅力的ですよね。アプリとして充実しているし、沢山の人に試して頂きたいです」とメンバーはコメントしている。

デモンストレーションの模様

【情報元、参考リンク】
ビーマップ/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑