ソフトバンク、「タブレット下取り割」の割引額を変更。iPad mini 4購入時にも利用可能へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは16日、「タブレット下取り割」の下取り割引額を25日より変更するとともに、「iPad mini 4」の購入時にも「タブレット下取り割」を利用できるようにすると発表した。9月25日までにiPad mini 4を購入した方にも変更後の割引金額が適用される。

「タブレット下取り割」は、指定機種を購入した方を対象に、それまで利用していた機種を下取りするというサービスで、下取り額は毎月の通信料金から割引する形、もしくは「Tポイント」で提供される。

今回、下取り額が変更され、さらにはiPad mini 4の購入時にも利用可能になった。

下取り額は、「iPad Wi-Fi + Cellularモデル」では「iPad Air 2」が30,240円、「iPad mini 3」が21,600円、「iPad Air」が19,200円、「iPad mini 2」が14,400円、「iPad Retna ディスプレイモデル」が12,000円、「iPad mini」が6,600円、「iPad (第三世代)」が6,600円、「iPad 2」が4,800円、「iPad」が2,400円」、「iPad Wi-Fiモデル」では「iPad Air 2」が24,840円、「iPad mini 3」が19,200円、「iPad Air」が16,800円、「iPad mini 2」が12,000円、「iPad Retna ディスプレイモデル」が9,000円、「iPad mini」が4,200円、「iPad (第三世代)」が4,200円、「iPad 2」が2,400円、「iPad」が2,400円、そして「ThinkPad 10 for SoftBank」が2,400円。

Tポイントの場合も同額と相当のポイントになる。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑