ドコモ、2015-2016冬春モデル13機種を発表。Xperia Z5シリーズ3機種、Nexus 5X、Galaxy、arrows、AQUOSなど

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、2015-2016冬春モデルの新商品を発表した。Android搭載スマートフォンが10機種、タブレットが1機種、ケータイ(フィーチャーフォン)が1機種、データ通信端末が1機種の計13機種で、10月7日から順次販売開始となる。

ドコモの新機種

今回のラインナップの大きな特徴は、4K解像度のディスプレイを搭載する「Xperia Z5 Premium SO-03H」の登場や、「PREMIUM 4G」の下り最大300Mbpsに対応すること、生体認証機能を搭載した機種及び対応サービスの拡充、VoLTEの海外対応、最新のAndroid 6.0搭載や、Disney Mobile on docomoの新モデルなど。

具体的なラインナップと発売時期は下記の通り。
  • arrows Fit F-01H:10月7日(水曜)
  • Xperia Z5 SO-01H:10月下旬
  • AQUOS ZETA SH-01H:11月上旬
  • Galaxy Active neo SC-01H:11月上旬
  • Xperia Z5 Compact SO-02H:11月中旬
  • Xperia Z5 Premium SO-03H:11月下旬
  • arrows NX F-02H:11月下旬
  • AQUOS Compact SH-02H:12月上旬
  • Disney Mobile on docomo DM-01H:1月下旬
  • Nexus 5X:10月下旬
  • dtab d-01H:11月下旬
  • P-01H:11月下旬
  • Wi-Fi STATION N-01H:3月上旬

ご覧のようにXperiaシリーズはXperia Z5、Xperia Z5 Premium、Xperia Z5 Compactの3機種が揃い踏みで、「ARROWS」シリーズは新たに小文字のブランドに変わったものの、arrows Fitとarrows NXの2機種が用意され、シャープの「AQUOS」シリーズもAQUOS ZETAとAQUOS Compactの2機種がある。他にはGalaxy Active neo、Disney Mobile on docomo DM-01H、Nexus 5Xがある。Nexusシリーズがドコモのラインナップに復活するのは久しぶりだ。

また、タブレットはdtabの新モデルd-01Hが、フィーチャーフォンはP-01H、モバイルWi-Fiルーターは下り最大300Mbpsに対応するWi-Fi STATION N-01Hが登場する。

各機種の詳しい紹介は発表会場で撮影した実機写真もまじえて個別記事で行いたいと思うので、今しばらくお待ち頂きたい。また、本記事も後ほど加筆修正する予定だ。

ドコモはこれら新機種の予約受付をすでに開始している。ドコモホームページ、ドコモショップ、ドコモオンラインショップなどで受け付けている。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑