au、4G LTEスマホ向けの従量制データ通信サービスの新規受付を11月16日で終了へ。終了後の選択肢はデータ定額のみ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは30日、「LTEプラン」「LTEプラン(V)」などの料金プランとあわせて契約できる従量制のデータ通信サービス「従量プラン」「従量プラン(V)」の新規受付を11月16日をもって終了すると発表した。

これらの従量制プランは、対象のプランを契約しつつも「LTEフラット」「LTEフラット(V)」などのデータ定額サービスに加入していない場合に適用されるもので、国内通信料が0.6円/KB、国内通信料の上限が20,000円/月となっている。

対象プランは冒頭で述べた「LTEプラン」「LTEプラン(V)」のほか、「オフィスケータイプラン」、「オフィスケータイプラン (V)」、「カケホ (電話カケ放題プラン/CP)」。

11月17日以降は、「LTEプラン」等の料金プランを契約する場合、「LTEフラット」「LTEフラット(V)」等のデータ定額サービスしか選択できなくなるので注意したい。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑