映像配信サービス「U-NEXT」の総契約数が100万件を突破

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
U-NEXTは19日、同社が運営する映像配信サービス「U-NEXT」の配信プラットフォームを利用する契約数合計が100万件を突破したと発表した。

映像配信サービスで100万契約突破といえば、今年の3月に「Hulu」が日本国内のユーザー数が100万を突破したことを明らかにしていた。

U-NEXTの場合、配信プラットフォームを外部事業者にも提供し、サービスの多角化を図っており、それぞれのサービスが契約数を伸ばし、7月末時点でU-NEXTの配信プラットフォームの総契約数が100万件を突破することになった。

U-NEXTはテレビや専用のセットトップボックスのほか、スマートフォン、タブレット、PC、家庭用ゲーム機など、現在は様々なデバイスで視聴可能になっており、以前と比べると使いやすいサービスへと進化している。

配信本数は80,000本以上で、洋画、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメ、キッズ向け作品、ドキュメンタリー、アダルトなど様々なジャンルの作品を揃える。

各作品は「見放題」と「PPV(ペイペービュー)」、2種類のどちらかの指定がされており、見放題の作品は、「ビデオ見放題プラン」の加入者であれば、見放題となる。一方、PPV指定の作品は、作品ごとに課金されるもので、いわゆるレンタルになる。

ビデオ見放題プランは月額1,990円(税抜)で、毎月1,000円分のポイントが付く。このポイントはPPV作品や電子書籍購入時などに利用できるようになっている。ポイントを毎月キッチリ使う方の場合は、月額1,990円で新作レンタル1,000円分&旧作(主に)が見放題になるので、特に高いサービスではないが、ポイントをあまり利用しない場合は割高になる。

最近は通信キャリアの動画配信サービスも充実してきているので、競争の激しい市場だが、U-NEXTやHuluの場合、最近のテレビは大抵対応しているので、利用しやすい部分もある。今後、契約数がどのような伸びを示すのか注目したい。

【情報元、参考リンク】
U-NEXT
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑