自宅で健康診断できるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」が全国一斉受付を開始。料金は4980円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは27日、自宅にいながら健康チェックを行うことができるセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック」の全国一斉受付を開始した。

検査の流れ

「スマホdeドック」は、専用の在宅検査キットを使うことで、自宅にいながらにして健康診断をできるサービス。健康診断を受診する時間がなかなか取れない方や、家を離れにくい方、病院が近くに無い方などに便利なサービスだ。

サービスに申し込むと、専用の在宅検査キットが送られてくるので、そのキットを使って自分で採血し、キットを返送すれば、1〜2週間後をめどに検査結果が出る。結果はスマートフォンやパソコンを使って確認可能だ。採血は注射器を使うのではなく、手軽に行える専用器具を使う。

検査項目は14項目で、内訳は総タンパク、アルブミン、AST (GOT)、ALT (GPT)、γ-GT (γ-GTP)、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、血糖、HbA1c、中性脂肪、総コレステロール、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール。

auの携帯電話ユーザー以外の方も利用可能なサービスで、1回の検査につき料金は4,980円となっている。

スマホでの画面イメージ

【情報元、参考リンク】
スマホdeドック公式サイト
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑