ニフティ、WiMAX 2+ルーターを買うと最大28000円キャッシュバックのキャンペーンを開始。NAD11は販売終了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「WiMAX」及び「WiMAX 2+」の通信インフラを使ったサービス「@nifty WiMAX」を運営しているニフティは1日、WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターの最新の販売キャンペーンを発表し、申込み受付を開始した。同社は毎月キャンペーンを行っているが、特典内容は月ごとに見直される。今月は久しぶりに高額のキャッシュバックが提供されることになったので、WiMAX 2+ルーターの購入時期としては良い月かもしれない。

WX01とW01。どちらも他のカラーも選べる。

販売ルーターは下り最大220Mbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT WX01」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」の2機種。先月までは「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」も取り扱っていたが販売終了となっている。

WX01とW01はどちらも下り最大220Mbpsに対応するが、利用する技術方式が異なるので注意したい。

WX01は4つのアンテナで同時通信する「4x4 MIMO」という技術、W01は2つの周波数帯で同時通信する「キャリアアグリゲーション」という技術を使って最大220Mbpsに対応している。4x4 MIMOは既存エリアは一部を除き対応済み、キャリアアグリゲーションは目下エリア対策中で、9月末までに完了する見込み。

都心部、特に屋内での使用が多い場合はWX01、それ以外のエリアでの使用が多い場合はW01がWiMAX 2+ではピーク速度が出やすいように思うが、一概には言えないのが難しいところ。どちらを選んでも、大抵の場合、20-30Mbps、もしくは30-40Mbps程度は出るはずなので、デザインの好みで選んでしまっても構わないと思う。

もしくは、W01はau 4G LTEも利用可能なので、いざという時にau 4G LTEを使いたいのならW01を選ぶ方がいいだろう。ただし、au 4G LTEの利用はオプション扱いで有料なので注意してほしい。利用した月のみ1,005円(税抜)が別途掛かる。

端末代はどちらもクレードルセットで1円。

先ほど、どちらの機種を選んでも構わないようなことを書いたが、実はキャッシュバック額は異なる。WX01の場合が28,000円、W01だと15,000円だ。

最後に注意事項がもう一つある。

WiMAX 2+は直近3日間での通信量が3GBを超過したときに翌日に速度制限が掛かるようになっている。これが最近、制限時の速度が実測で下り最大6Mbps程度にまで引き上げられているようだ(公式発表ではない)。以前は700kbps程度とみられていたので、随分速度が速くなったことになる。最大6Mbpsであれば一般的な用途なら十分なので、固定回線代わりに使う場合にもある程度実用レベルになったと言える。

ただし、この変更は暫定措置で、将来的にどのような形で落ち着くのかはまだ分かっていない。それでも以前よりは緩和されるはずだ。

【情報元、参考リンク】
@nifty WiMAXキャンペーンページ
W01の紹介記事
W01の取材レポート記事
W01が最大でどれくらいの速度が出るか調べたレポート記事
WX01の紹介記事
WX01の試用レビュー記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑