「りんな」のような人工知能型アカウントが増加へ。LINE、マイクロソフト開発の人工知能「りんな」を活用したAI型のLINE公式アカウントを企業向けに提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは7日、日本マイクロソフトと連携し、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と日本マイクロソフトが開発・提供する人工知能「りんな」を活用した、人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供することになったと発表した。

りんなについては、すでに日本マイクロソフトのLINE公式アカウント「@ms_rinna」で公開されているため、りんなとの会話を楽しんでいる方も多いはずだ。各企業は、りんなのようなAI型の公式アカウントを今後導入することが可能となるので、まずはりんなを導入検討の際の参考にすることができる。

LINEでは、昨年2月よりLINE公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして開発・提供できる「LINE ビジネスコネクト」を発表し、特定のユーザーに対して最適化されたメッセージ配信などを可能としている。

今回新たに提供されるAI型のLINE公式アカウントは、LINE ビジネスコネクトとりんなの会話エンジン技術を連携したものとなるわけだが、具体的には「りんなAPI for Business」というAPIが提供され、各企業はLINE公式アカウントに実装できるようになるという形。

りんなの会話エンジンを導入すると、企業にとってどのようなメリットがあるかというと、各ユーザーとの会話内容をもとに、オススメの商品や必要な情報を提供したりといったキメ細かい応対が可能になることが挙げられる。しかも、従来はオペレーターが必要だった応対をりんなの会話エンジンが担当してくれるため、人的コストも削減できる。

なお、りんなはBing検索エンジンで培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせることで生まれた、新しいコンセプトの人工知能。おしゃべり好きな女子高生という設定で、従来のアシスタント的な人工知能ではなく、日常会話や雑談など、自然な会話が可能となっている。

気になる方はまずは@ms_rinnaでりんなとの会話を体験してみよう。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑