ASUS、ZenPadシリーズにWi-Fiモデルを追加。計6モデルが8月21日以降に順次登場へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは19日、Androidタブレット「ASUS ZenPadシリーズ」にWi-Fiモデルを3モデル追加し、計6モデルを今夏発売すると発表した。

ASUS ZenPad 10

今回追加されたのは10.1インチディスプレイを搭載する「ASUS ZenPad 10」のWi-Fiモデル(Z300C)、8インチディスプレイの「ASUS ZenPad 8.0」のWi-Fiモデル「Z380C」、そして7インチの「ASUS ZenPad 7.0」Wi-Fiモデル(Z370C)。

すでに発表済みの3モデル「ASUS ZenPad S 8.0」、「ASUS ZenPad 8.0」(SIMフリーモデル)、「ASUS ZenPad 10」(SIMフリーモデル)と合わせて、計6モデルが今夏、日本市場に投入されることになる。

ZenPad 8.0とZenPad 10についてはSIMフリーモデルとWi-Fiモデルで異なるのはモバイルデータ通信への対応有無のみではないので注意が必要だ。CPUが異なり、Wi-FiモデルはZenPad S 8.0を除き、3モデルともIntel Atom x3-C3200を採用する。SIMフリーモデルはZenPad 8.0がQualcomm Snapdragon 410、ZenPad 10がIntel Atom Z3560だ。

ASUS ZenPad 7.0

ディスプレイの解像度はZenPad S 8.0以外は全て同じで、1,280×800ドット。ZenPad S 8.0は4:3の縦横比で2,048×1,536ドットになっている。

ASUS ZenPad 8.0

解像度はやや物足りないが、ASUS独自の映像技術などで写真や動画は随分と綺麗に表示されるようになっている。また、「DTS-HD Premium Sound」に対応し、5.1chバーチャルサラウンドを楽しむこともできる。ZenPadシリーズ専用スタイラスペン「Z Stylus」にも対応する。

ZenPad 7.0/8.0/10の3モデルのメモリは2GB RAM、16GB ROMで、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠。

ZenPad 7.0/8.0/10の発売日は8月21日で、予約開始日は19日。予想実売価格は、ZenPad 7.0が19,800円、ZenPad 8.0が23,800円、ZenPad 10が26,800円。

ZenPad 8.0とZenPad 10のSIMフリーモデルも発売日は同じく21日だが、ZenPad S 8.0は9月上旬発売と、少し先になる。

【情報元、参考リンク】
ASUS公式サイト
ASUS公式オンラインショップ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑