格安SIMのU-mobileが契約回線数を発表。38万回線で業界上位の一角へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
動画配信サービス「U-NEXT」や格安SIMサービス「U-mobile」などを運営するU-NEXTは13日、U-mobileの総契約回線数が6月末時点で38万回線になったと発表した。

総契約回線数推移

なお、従来は契約回線数は同社基準の課金ユーザー数での開示とされていたが、6月末からはプリペイド利用者等も含んだ契約数を総契約回線数として報告することに変えた、とのこと。

38万回線がどれくらいのボリュームかと言えば、調査会社のMM総研の発表によれば、3月末時点で独自サービス型のSIMにおける主要4事業者のシェア合計は50%超とされていて、1位のNTTコミュニケーションズが22.6%で73.8万回線となっている。NTTコミュニケーションズと言えば「OCN モバイル ONE」等のサービスを提供している。

2位はIIJmio、BIC SIM等を提供するインターネットイニシアティブの16.4%で53.6万回線、3位はBIGLOBE LTE/3G、うれスマ等を提供するビッグローブの7.1%、23.3万回線、4位はb-mobileブランドの日本通信の5.3%、17.2万回線という状況だ。

比較時期は3月末と6月末と異なるものの、U-NEXTは6月末時点での38万回線は、業界でも上位に入るのではないかとしている。

とはいえ、実際には競合他社は多いので、現時点でどういう状況になっているのかは、最新の調査報告を待たなければ分からない。

U-mobileはデータ通信プランは月額680円から、音声通話プランは月額1,480円からのプラン構成となっている。

【情報元、参考リンク】
U-mobile
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑