ケンコー・トキナーが接眼部にスマホを装着して写真・動画撮影ができる顕微鏡「STV-A200SPM」と「STV-A100SPM」を発表。13000円から

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ケンコー・トキナーは接眼部にスマートフォンを取り付け、写真や動画撮影ができる顕微鏡「STV-A200SPM」と「STV-A100SPM」を13日より販売開始すると発表した。前者は単眼タイプ、後者は双眼タイプで、単眼タイプが13,000円、双眼タイプが17,000円となっている。

左がSTV-A200SPM、右がSTV-A100SPM

両モデルとも一般的な顕微鏡として使うことができるほか、接眼部に付属のアダプターを付けることで、スマートフォンを装着することが可能となっている。それにより、スマートフォンで写真、動画撮影をすることができる。簡単に記録を残せるので便利そうだ。

「STV-A200SPM」は60倍、120倍、200倍の倍率での観察が可能で、「STV-A100SPM」は45倍と100倍での観察ができる。

取り付け可能なスマートフォンは、スマートフォン本体の底部分からレンズ中心部までの長さが約100mmから155mmの範囲内かつ、幅が約50から90mmの範囲内のもの。

双眼タイプは対物レンズではなく接眼レンズ側で倍率を変えるタイプで、45倍と100倍のレンズが用意されていて、単眼タイプは対物レンズが3つで、60倍、120倍、200倍となっている。双眼タイプの場合は立体的に確認できる利点はあるが、倍率構成としては単眼タイプの方が200倍まで設けられていて使いやすそうだ。

夏休みの子供の自由研究にも使えそうだが、13,000円以上という値段をどう捉えるかになりそうだ。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。

 

【情報元、参考リンク】
ケンコー・トキナー/「STV-A200SPM」製品ページ
ケンコー・トキナー/「STV-A100SPM」製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑