【市場調査】シニア世代は約60%がガラケー、スマホは約26%。らくらく系は約7%

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
調査会社のMMD研究所は先日「2015年シニア世代の携帯電話端末に関する調査」と題したレポートを公開した。この調査は6月12日・13日に60歳以上の男女を対象にインターネット調査として行われ、有効回答数は4,406人となっている。男女比はほぼ半々。

シニアの携帯電話所有内訳(※クリックして拡大)

シニア世代の携帯電話端末事情が分かるレポートで、一つ一つ質問項目を見ていきたい。

まずは普段利用している端末だが、59.2%の方がフィーチャーフォンを利用している。スマートフォンは25.9%、シニア向けスマートフォンは1.9%にとどまる。また、シニア向けフィーチャーフォンも5.0%で、8.0%の方はそもそも携帯電話を持っていないという状況だ。

意外なのはシニア向けスマートフォンやシニア向けフィーチャーフォン、ドコモで言えば「らくらくスマートフォン」や「らくらくホン」シリーズだが、それほどの割合ではないこと。ともかく、約6割がフィーチャーフォンという結果だ。また、スマートフォンの割合は男性の方が多い。男性では30.3%、女性は21.5%にとどまり、女性の方がスマートフォンに壁を感じているのかもしれない。

次にキャリア別に見ると、ドコモとauは同じような結果だが、ソフトバンクだけスマートフォンの割合がやや高い。ソフトバンクに関してはiPhoneユーザーが比較的多いのかもしれない。

キャリア別内訳(※クリックして拡大)

三つ目の質問は「あなたは格安SIMについて知っていますか」というもの。意外にも、認知度はそこそこ高いようだ。知らないという方は28.2%で、残りは程度の差こそあれ、とりあえず聞いたことはあることになる。ただ、利用中の方は3.7%。

また、格安SIMに関心があるかどうかだが、関心が無い方は38.1%で、約6割の方は関心はあるようだ。しかも、12.3%は購入を考えているとのこと。



(出典:MMD研究所)

【情報元、参考リンク】
MMD研究所/シニア世代のスマートフォン所有率は27.8%
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑