NVIDIA、SHIELDタブレットの自主回収(無償交換)を実施。バッテリーの発熱による発火の恐れ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米NVIDIAは米国時間31日、同社が2014年7月から2015年7月の期間に出荷した「NVIDIA SHIELDタブレット」の自主回収(無償交換)を実施すると発表した。この発表はまずは米国及びカナダを対象としたものだが、日本市場に関しても後述の通り、対応の予定。

SHIELDタブレットとワイヤレスコントローラー

今回のリコールは、SHIELDタブレットに搭載されているバッテリーの発熱によって発火する恐れがあることが判明したためだという。今回の対象製品以外の同社の製品では同様の問題は確認されていない。

日本に関しては、政府機関等と連携し、回収へ向けた最終調整を行っているとのことで、今後の情報は下記ページで随時公開していく予定とされているが、おそらく日本語の公式サイトで案内されるはずだ。

【情報元、参考リンク】
NVIDIA shield Tablet Recall Program
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑