LINEがChrome版をリリース。各OSのChromeで利用可能。複数端末からLINEへアクセスできるWebアプリ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは30日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、Google Chrome版のWebアプリをリリースしたと発表した。Chrome OS、Windows、Mac、Linuxで利用可能で、料金は無料。

画面イメージ

現在提供中のPC版LINEとはまた異なるアプリで、同一のGoogleアカウントを利用することで、一度インストールしてしまえば、追加インストール不要で複数の端末からLINEにアクセス可能な特徴を持つ。

Chrome版のLINEでは、トーク機能がメインとなるが、スクリーンキャプチャの撮影・送信機能を搭載する。これはPCでの利用を想定しての機能。また、最大で1GBまでのファイルの送受信も可能だ。

さらに、独自機能として、自分用にテキストや画像を整理して保存できる「メモ」機能も搭載する。メモ機能を使えば、自宅PCで作成したToDoリストを学校や職場のPCで確認する、といったことも可能だ。

画面イメージ(※クリックして拡大)

また、セキュリティ保護の観点からChrome版LINEには自動ログイン機能は搭載されていない。そのため、新しい端末での初回ログイン時にはスマートフォン版LINEを使った本人認証が必要になる。

音声・ビデオ通話機能には対応していないので、それらの機能を利用したい場合にはPC版LINEを使おう。

【情報元、参考リンク】
Chrome版LINE
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑