犬の目線写真を手軽に撮れるカメラアプリ「dogg.me camera」に犬の顔認識機能「かおマッチ」を導入。似た犬を探したり、迷子犬探しに利用可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
犬専用カメラアプリ「dogg.me camera(ドッグミーカメラ)」は、ペット向けアプリとしては世界初となる顔認識機能を導入した。この機能は「かおマッチ機能」と名付けられ、Gimme Fiveが開発した顔認証システムを利用したもので、犬の顔を見分けることができるようになっている。

(※クリックして拡大)

かおマッチ機能は大きく2つの用途で利用できる。

一つは愛犬に似ている犬を探せる機能。愛犬を撮影し、そっくりさんを検索すれば、自分の愛犬と似た顔の犬を探すことができるので、新しい出会いがあるかもしれない。

もう一つは迷子犬報告と迷子犬確認だ。愛犬がいなくなってしまったとき、プロフィール情報と合わせて発生状況や場所などに加えて、愛犬の写真を提供することで、誰かが迷子犬を見つけたときに、かおマッチ機能を活かし、手軽に確認することができるようになる。

迷子犬確認については、街で迷子犬かもしれないと思われる犬を見つけたとき、その犬の写真を撮影し、検索すると、迷子犬報告されている犬に似ているかどうかを確認でき、探している飼い主と連絡を取ることができる。

とても便利なのは、この迷子犬探しの機能だ。ただし、迷子犬の確認検索機能以外は有料会員向けの機能で、無料会員のままでは使えないので注意してほしい。有料会員は月額240円だ。

残念ながらまずはiOS版からの先行リリースで、Androidユーザーはまだ使えない。しかし、順次対応予定とのことなので、いましばらく待ちたい。

dogg.me cameraは、犬の興味を引く効果音付きのカメラで、犬が気になる音を出すので、上手く正面からの顔写真を撮れることが魅力となっている。

また、SNS機能も備わっているので、愛犬家同士でコミュニケーションをとることもできる。

【情報元、参考リンク】
dogg.me camera公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑