格安スマホのDMM mobileがプラン追加。何と月額440円のライトプランが登場。さらに15GB、20GBプランも追加

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは2日、同社がNTTドコモの回線網を利用して提供中のMVNOサービス「DMM mobile」について、新料金プランを導入すると発表した。DMM mobileは格安SIM/スマホサービス業界において、最安を目指し、何度か値下げを敢行しているが、実は2日にも実施されている。


先日告知されたように、月々1GBまで高速データ通信ができる「1GBプラン」が月額630円に値下げされた。

さらに今回、「ライトプラン」「15GBプラン」「20GBプラン」が新設された。ライトプランは月額440円、15GBプランは4,570円、20GBプランは6,090円だ。

注意したいのは、1GBプランや15GBプラン、20GBプランなど、データ量別プランの場合は上限に達するまでは下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsでの利用が可能だが、ライトプランは最初から上下とも最大200kbpsに制限されていること。さらに直近3日間で366MB以上の通信をすると速度制限がかかる。とはいえ、200kbpsでの通信プランで3日間で366MBも行くほど使うことはないだろう。

DMM mobileには他に、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GBのプランがあり、音声通話を付けることもできる。また、プランによるが、一つのプランのデータ量を複数のSIMカードでシェアすることも可能だ。

他社が値下げしたり、プラン改定を行うと大抵DMM mobileも値下げに動いてくるので、基本的に業界最安値をキープできている。この戦略を継続すれば、最安値と言えばDMM mobileというイメージが定着するかもしれない。

また、加入の際は、格安SIM/通信サービスは理論上の最高速度こそ下り225Mbpsや150Mbpsだったとしても、実際にはドコモ本体のサービスと比べ、速度がそこまで出ないので、その点は了承の上で契約したい。10社の実際の通信速度を調べた調査レポートなどもあるので、参照してほしい。ただし、通信速度についても短期間で改善されている可能性もあるので、あくまでもその時点でのものと考えて欲しい。
(市場調査)格安スマホ・SIM 10社の通信速度調査。東京・恵比寿調査ではau系UQ mobileが最速、b-mobile、IIJmioも健闘

【情報元、参考リンク】
DMM mobile
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑