渋谷地下街「しぶちか」、各地の空港でWiMAX 2+のエリア整備完了。新潟空港、高松空港、松山空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは8日、高速通信サービス「WiMAX 2+」のエリア整備について進展を明らかにした。同社は地上のエリア整備に加え、地下鉄・地下街といった地下エリアでの整備も行っているが、今回整備が完了したのは渋谷地下街「しぶちか」。

しぶちか

「しぶちか」は以前から「WiMAX」の利用は可能だったが、WiMAX 2+には非対応だった。しかし、今回エリア整備が行われたことで、WiMAX 2+での通信もできるようになった。

さらに、各地の空港及び空港周辺でのWiMAX 2+のエリア整備も完了。

今回の整備対象空港は新潟空港、高松空港、松山空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港。

なお、WiMAX 2+は現在、下り最大220Mbpsのサービスになっているが、提供方式は「4x4 MIMO」と「キャリアアグリゲーション」と2種類だ。「4x4 MIMO」はすでにWiMAX 2+エリアのほとんどで利用可能だが、「キャリアアグリゲーション」はまだ一部地域にとどまり、9月末をめどに全エリアが対応する予定。

「4x4 MIMO」を利用できるのは「Speed Wi-Fi NEXT WX01」で、「キャリアアグリゲーション」に対応するのは「Speed Wi-Fi NEXT W01」。

例えば、W01で「キャリアアグリゲーション」非対応エリアへ入ると、通信速度は最大110Mbpsになる。現在、2方式で少し複雑な提供環境になっているので、機種選びの際には注意したい。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース12
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑