ドコモ、Xperia A4を18日、AQUOS EVERとARROWSケータイF-05Gを19日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は15日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「Xperia A4 SO-04G」を18日に、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS EVER SH-04G」と富士通製Androidフィーチャーフォン「ARROWS ケータイ F-05G」を19日に発売すると発表した。

Xperia A4

ドコモの夏モデルはスマートフォンが8機種、フィーチャーフォンが2機種、タブレットが2機種の計12機種だが、スマートフォンについては今回のXperia A4とAQUOS EVERが最後で、残る6機種は発売済み。フィーチャーフォンは今月下旬に「AQUOS ケータイ SH-06G」が控えている。

Xperia A4はこの夏唯一のコンパクト・スマートフォンで、ベースは「Xperia Z3 Compact」。しかし、デザインはXperia Z3 Compactと違い、「Xperia A」の流れを汲んだものとなっている。格安になっているXperia Z3 Compact(こちらの記事参照)とどちらを選ぶか、と言われるとXperia A4の値段次第かもしれないが、高級感はXperia Z3 Compact、持ちやすいさはXperia A4だと思う。

やはり約4.6インチのディスプレイ、横幅66mmは手頃で持ちやすいサイズだ。

また、AQUOS EVERはドコモのラインナップとしては初となる、いわゆる「格安スマホ」。最近市場が拡大しつつあるMVNOサービスにおける「格安スマホ」と同じようなスペックを持つ、低価格スマートフォンになる。それでいて「おサイフケータイ」に対応するなど、キャリア端末ならではの魅力もあり、オススメスマホの一つになるかもしれない存在だ。機種変更でも実質1万円程度、キャンペーン利用で実質0円になると見られている。

AQUOS EVER

最後にARROWS ケータイだが、ドコモとしてはAndroidを搭載したフィーチャーフォンの第一弾モデル。Androidを搭載したFOMA端末で、iモードアプリやiモードサイトなどは利用できない。利用するISPはspモード。

ARROWS ケータイではLINEアプリを使うことができる。

現在のところiモードケータイよりも使えるアプリは少ないが、スマートフォンアプリをベースとした「LINE」アプリを搭載する点が大きな特徴。ケータイ利用はLINEがメイン、という方にはいいかもしれない。

各機種のレポートはこちらの記事を参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/AQUOS EVER SH-04G製品ページ
ドコモオンラインショップ/Xperia A4 SO-04G製品ページ
ドコモオンラインショップ/ARROWS ケータイ F-05G製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑