【島田純のMobile×Travel】第46回:日本向けプリペイドSIM、海外でも取扱いが拡大中。タイでは「SUGOI SIM」も販売中

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本国内で使うプリペイドSIMカードが、日本国内での販売だけでなく海外でも次々と販売開始されています。

関西国際空港に設置されたプリペイドSIMカードの自販機

従来、日本のプリペイドSIMにはほとんど選択肢が無く、日本を旅行などで訪れる訪日外国人だけでなく、海外に駐在・留学している日本人が一時帰国する際にモバイルでインターネット接続手段を確保するのが困難な状況でした。

しかし、そんな状況も2014年後半から変化を見せており、今では国内の家電量販店などでプリペイドSIMが販売されているほか、以前の記事で紹介したように空港内に設置された自動販売機での販売や、国内の主要な国際空港にてSIMカードの販売が順次拡大しています。

さらに、最近のトレンドとしては日本国内で使うプリペイドSIMカードを、海外で販売する流れも加速しており、海外に滞在中に日本で使うプリペイドSIMカードを購入することができるようになりました。

筆者がこれまでに訪問した地域では、タイ(バンコク)、香港、台湾にて「日本国内で使う」ためのプリペイドSIMカードが販売されているのを確認。日本向けのSIMカードが販売される都市は、今後これらの都市に限らずに拡大していくものと思われます。

「日本国内向けプリペイドSIM」が海外で販売されているのを初めて発見したのは、タイ・バンコクでした。販売されているプリペイドSIMカードの名前は「SUGOI SIM」。パッケージのインパクトがかなり衝撃的だったのを記憶しています。

タイ・バンコクで販売されている「SUGOI SIM」

この画像の「SUGOI SIM」の販売価格は1,137バーツで、利用可能な期間は30日、データ通信は100MB/日まで高速な通信が利用でき、100MB/日を超えると通信速度が最大で128kbpsに制限されます。

香港のMTR「深水ホ」’Sham Shui Po(駅近くの「鴨寮街」近辺にあるプリペイドSIM屋台では、日本向けのプリペイドSIMが日本語パッケージのまま販売されていました。香港のプリペイドSIM屋台では、従来より日本向けのプリペイドSIMカードが販売されていましたが、今回見かけたプリペイドSIMは「日本語パッケージのまま」販売されていました。

香港で販売されていたプリペイドSIM「U-mobileプリペイドSIM」は有効期間7日タイプと15日タイプがあり、通信量はどちらも1日あたり100MBまで。この容量を超えると、通信速度制限の対象となります。

前述の「SUGOI SIM」と同様のスペックとなっている理由は、どちらのSIMカードもU-mobileのサービスを使ったプリペイドSIMであることが理由です。

香港で発売されているU mobileのプリペイドSIM

香港、タイなどで販売されているプリペイドSIMは、日本向けの商品のパッケージなどを現地語で表記したものが基本でしたが、株式会社KADOKAWAが台湾に設立した「台灣KADOKAWA」(以下、台湾角川)は、日本向けのプリペイドSIM「J Walker SIM」を、オリジナルの商品として企画し、台湾で販売を開始しています。

台湾角川は日本向けに「使い放題」のプリペイドSIMを発売


■「J Walker SIM」サービス内容
・販売価格:6日版(800台湾ドル)、11日版(1300台湾ドル)
・データ通信:4G LTE対応/データ通信量無制限(音声通話非対応)
・販売場所:台湾角川オフィシャルWebサイト、台湾各通販サイト(台湾楽天、博客来、PC HOME)など

台湾角川の販売するJ Walker SIMの最大の特長は、プリペイドSIMカードでありながらデータ通信容量が無制限となっている点です。通信量に制限が無いため動画閲覧や、テザリングでの利用など、データ通信量の多くなる用途でも安心して使えます。

この他にも、台湾ではAppleの商品を販売している「Studio A」が日本向けのプリペイドSIMカードを販売しているなど、日本向けのプリペイドSIMを現地で購入することができます。Studio AのプリペイドSIMカードは利用期間7日間、通信量は2.2GB、SIMカードのサイズはnanoSIMのみで、主にiPhoneで使用することを想定された商品と言えます。

「Studio A」で販売されているプリペイドSIMカード

このように、日本で使えるプリペイドSIMカードを海外の都市で購入しておくと「飛行機を降りたらすぐにデータ通信が利用可能」となります。

空港からホテルまでの電車やバスでの経路を検索したり、旅行中にSNSを更新・閲覧する、あるいは現地の知人・友人とコンタクトを取ることが従来よりもカンタンになるのは非常に心強く、日本に滞在する際に便利な通信手段となるでしょう。


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑