ソフトバンク、子会社のSBパートナーズと共にMVNO事業を推進へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは30日、子会社のSBパートナーズと様々な産業分野のパートナー企業との協業を通じてMVNO事業を推進していくことになったと発表した。

同社は現在の市場について、MVNOサービスの拡大と同時にIoT(インターネット・オブ・シングス)に関係する様々なビジネスも生まれつつあり、今後、移動通信サービスのニーズは多種多様に変化していくことが予想されるとしている。

SBパートナーズは、このようなニーズに応えるため、通信事業者としてのノウハウやインフラの提供を通じて、パートナー企業とともに付加価値の高いサービスを開発し、MVNO事業拡大を目指すということだ。

なお、ソフトバンクの回線網を使ったMVNOサービスとしては「Y!mobile」の回線網を使ったモバイルWi-Fiルーター(近年の機種ではSoftBankの回線網も使える)などが昔から各社から販売されているが、現在の市場ではNTTドコモ、auの回線網を使った格安スマートフォンが急速に増えてきており、今後はSoftBankのインフラをメインとするMVNOサービスも増えてくるのかもしれない。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑