NTTレゾナント、スマホ検証サービス「Remote TestKit」にAndroid M Developer Previewを追加。Android Mをブラウザで仮想体験できる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTレゾナントは3日、クラウド型のスマートフォン検証サービス「Developers AppKitBox - Remote TestKit」において、Androidの次期バージョンである「Android M」の開発者プレビューバージョンである「Android M Developer Preview」を搭載した端末を追加したと発表した。

Remote TestKitでのAndroid Mの体験イメージ

Android M Developer Previewは開発者向けに公開されているが、「Nexus 5」「Nexus 6」「Nexus 9」「Nexus Player」の4機種限定となっている。

Remote TestKitは、Webブラウザからアクセスして仮想体験できるので、気軽にAndroid Mをチェックすることができる。

要するに、自分の端末にインストールすることは躊躇われるものの、ひとまずどのようなものか確認したい、といった場合などに便利なサービスだ。また、所有していない端末を仮想体験できることも便利な点の一つ。

下に掲載した動画で、Android Mの体験の模様を確認できる。



希望者には30分間無料で試せるチケットがプレゼントされるキャンペーンが6月30日まで行われているので、関心のある方は試してみよう。チケットは下記リンク先ページの、「Android M Developer Previewお試しキャンペーン登録フォーム」に必要事項を入力の上、申し込めばいい。

【情報元、参考リンク】
Remote TestKit/「Android M Developer Preview」 Remote TestKitでご利用いただけます!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑