マウスコンピューター、Windows Phone 8.1搭載SIMフリースマホ「MADOSMA Q501」を6月18日発売。予約受付は開始済み、約3万円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
マウスコンピューターは2日、新ブランド「MADOSMA(マドスマ)」の製品として、Windows Phone 8.1 Updateを搭載したSIMフリーのスマートフォン「MADOSMA Q501」を6月18日より販売開始すると発表した。

MADOSMA Q501

予約受付は2日0時1分から各量販店で順次開始済みで、同日10時からはマウスコンピューターの楽天市場店、11時からはダイレクトショップでも受付開始している。価格はオープンだが、同社の楽天市場店では送料込みで33,800円となっている。

気になるWindows 10 Mobileへの対応については現在検討中とのこと。

また、一般向けと法人向けが用意され、一般向けはカラーがパールホワイトのもの、法人向けはブラックとなっている。できれば両方選びたいところだが、カラーや見た目はケースなどで好みに合わせるしかないだろう。

法人向けのブラックモデル

Windows 8/8.1を使っている方には馴染み深いモダンUIと同じようにタイルを並べたUIで、ライブタイルを並べておけばFacebookへの投稿やニュース速報、Twitterなどの最新情報もホーム画面で即座に確認できる。タイルの大きさや並び、カラーはもちろん好みに応じて変更できる。

CPUはQualcomm MSM8916(クアッドコア1.2GHz)で、メモリは1GB RAM、8GB ROM。RAMもROMも少ないのが気がかりではあるが、ROMに関しては外部メモリとして最大64GBまで対応したmicroSDカードスロットがあるので、写真や動画などはそちらに保存するようにすれば何とかなるだろう。

バッテリー容量は2,300mAhで電池パックは交換可能。ディスプレイは約5.0インチで解像度は1,280×720ドット。カメラは背面側が約800万画素で、前面側が約200万画素。

本体サイズは約142.8×70.4×8.4mmで、重さは約125g。

対応ネットワークは3G/W-CDMAがBand 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)・ Band 19 (800MHz、Band 6 を含む)、4G LTEがBand 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)・Band 19 (800MHz)/ CAT4で、SIMカードのサイズはmicroSIM。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、Bluetoothは4.0だ。

パッケージには専用の液晶保護シート(しかも本体貼付済み)が付属するとのことで、この点は嬉しい。また、16GBのmicroSDカードも同梱される。充電/データ転送用のmicroUSBケーブルも同梱される。


▲ITmediaによる操作動画

最終的に様々なアプリの挙動も含めた体感パフォーマンスは確認しようがないものの、価格設定含めて意外と魅力的かもしれない。特にWindows 8.1タブレットやPCを使っている方にはハードルが低く、扱いやすいはずなので、Officeを使う機会が多い方、OneDriveをメインのオンラインストレージとして活用している方などには良さそうだ。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
マウスコンピューター 楽天市場店/MADOSMA Q501製品ページ
マウスコンピューター/MADOSMA Q501製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑